Q.1 なぜ、パスポート1冊につき封筒が1枚なのですか? 家族全員を1つの封筒に入れることはできないのですか?

パスポート返却に、費用はかかりません。すべての費用はビザ申請料金に含まれています。配達業務上の安全規定により、各パスポートを別々に追跡することが要求されます。

Q.2 面接後、どのようにしてパスポートを受領することができますか?

面接オンライン上で面接の予約をした後に、パスポートの送付先住所を変更したい場合は、下の住所変更 ボタンをクリックすることによって変更することができます。大使館または領事館での面接当日の午後11時59分までは、いつでも書類送付先住所、または書 類引渡し場所を変更することができます。

Q.3 日本郵便でパスポートを受取るためには何を提示したらいいですか?

パスポートとビザが許可されていない人に渡されないことを確実にするために、パスポート受領の際は、身分を証明するため写真付き身分証明書を提示する必要があります。 また、日本郵便から渡されるすべての書類に署名する必要があります。

Q.4 配達時に家にいない場合、パスポートはどうなりますか?

日本郵便は、指定された住所、または面接予約時に登録した場所にのみパスポートを配達します。家に誰もいない場合など、配達できなかった場合は、不在配達通知を残します。この通知を受取った場合は、速やかに日本郵便に連絡してください。パスポートが7営業日以内に配達されない場合、大使館または領事館に返却されます。また、登録した住所に誤りがあったり不完全な場合、パスポートは大使館または領事館に返却されます。そのような場合は、コールセンターにお問い合わせください。

Q.5 パスポートは自宅に配達されなければいけませんか?

いいえ。パスポートは、あなたの職場または家族に配達することもできます。 本人以外の場所にパスポートが配達される場合、受取人は、写真付身分証明書(健康保険証も可)を提示し、身分を証明する場合があります。

Q.6 パスポートの配達時に配達業者に提示する必要のあるものは何ですか?

パスポートを回収する際に、パスポートとビザが許可されていない人物に渡されないことを確実にするために、身分証明のために政府発行の写真付き身分証明書を提示する場合があります。 また、配達業者により渡されるすべての書類に署名する必要があります

Q.7 身分の証明として、受け入れられる身分証明書はどのようなおのですか?

郵便局で受け取る場合は、政府発行の写真付身分証明書原本を提示する必要があります。郵便局以外で受け取る場合は、日本では、保険証でもかまいません。

Q.8 本人以外の人がパスポートを受け取ることができますか?

はい、できます。ただし、代理人(家族の場合でも)がパスポートを回収するには、以下のものを提示する必要があります。

あなたに代わり代理人(家族の場合でも)が日本郵便でパスポートを受取る場合、代理人は以下を提示する必要があります。

  • 代理人の写真付身分証明書原本
  • あなたの写真付身分証明書のコピー
  • 代理人がパスポートを受領することを許可する、あなたの署名付の委任状。この委任状には次の情報が含まれている必要があります。
    • 政府発行の写真付身分証明書に示されるとおりの、あなたの代理人の氏名
    • あなたの名前

 

申請者が16歳以下の場合、次の書類が必要となります。

  • 申請者の両親のいずれかによる署名付の許可書原本
  • 申請者の許可書に署名をした両親の写真付身分証明書のコピー
  • 代理人の写真付身分証明書の原本
    注記:団体/家族の場合、各申請者について必要な情報を含め、許可書を1枚とすることができます。

Q.9 配達サービスについて料金を支払う必要がありますか?

いいえ。配達サービスの費用はビザ申請料金に含まれています。